定款とは?

定款

一般的に馴染みの少ないこの定款。いったいどんなものなの?と疑問に持たれる方も多いと思います。
よく言われるのが「会社の憲法」だと言われますが、人と人が関わると必ず揉め事が起こる。起こってしまうのはしょうがないので、その場合の対処法を定款として定めてルールとして一律に決めておこう!というのがこの定款なのです。

絶対的記載事項

絶対的と書かれていることからお分かりのようにこの記載がなければ定款とは認められず、公証役場に認証へ行っても補正を要求されます。
【株式会社の場合】
•商号
•会社の目的
•本店の所在地(最小行政区画でも可能 ※本店移転の際に定款の変更もしないといけなくなるから)
•設立に際して出資される財産の価額又はその最低額
•発起人の氏名又は名称及び住所
•発行可能株式総数(認証時には不要ですが、登記までに決めておかなければなりません)

相対的記載事項

相対的記載事項とは定款に記載すれば法的効力の出る事項です。定款に記載しないと効力は認められません。
【株式会社の場合】
•変態設立事項 (1)現物出資(金銭以外の財産である出資のこと) (2)財産引受(発起人が会社のために会社成立を条件として特定の財産を譲り受ける旨の契約のこと) (3)発起人の報酬、特別利益 (4)設立費用の求償
•株式の譲渡制限
•取締役等の任期の伸長
•公告の方法(記載がなければ登記では官報になります。)
•取締役会の決議の省略
•取締役の選任についての累積投票の排除
•補欠監査役の任期の短縮   等
※変態設立事項が原始定款(最初に作る定款)に記載がない場合、会社設立後に書き加える事は認められませんので注意が必要 ※現物出資とは.... 出資はお金が原則ですが、発起人に限り現物(多いのが車や不動産、有価証券等)財産で出資することです。

任意的記載事項

定款には、絶対的・相対的記載事項以外に、公序良俗または会社の本質に反しない限り、いかなる事項でも定めることができます。事業年度や定時株主総会、総会の議長等がこれに当たります。 あまり詳細に書きすぎると柔軟な対応が難しくなるので、ここは差しさわりがない程度に決めましょう。

小規模から始める原始定款作成

はじめての株式会社を設立するならコレを忘れずに!
  • 発起設立尚且つ、株式には譲渡制限を設定しておくと経営がよりスムーズになる
  • 柔軟な出資が可能な現物出資でより出資のしやすい環境づくり(なるべく市場価格のわかりやすい500万円以下の現物に!)
  • 役員の任期は定款で別段の定めをしておき10年にしておこう(登記費用の節約)
  • 会社の目的は、今後事業として行う可能性のある分野も盛り込んでおく方がいい